「泌尿器科」はどのようなところでしょうか?

コラム投稿: 
川島泌尿器科 院長 川嶋 修

質問1
clm_ika14aQ:性病が心配なんですが…。
A:どんな症状がいつ頃からあるのか教えて下さい。
Q:どんな検査をしますか?
A:尿を調べます。
Q:それだけですか?
A:ハイ。
Q:本当にそれだけですか?
A:性病が進行していると考えられる場合は内科と同じように診察します。
質問2
Q:最近おしっこの回数が多いのですが…。
A:まずじっくりとお話を聞かせて下さい。それによって考えられる多数の原因をいくつかに絞ることができます。
Q:どんな検査をしますか?
A:尿の検査と超音波検査です。血液検査が必要なときもあります。
質問3
clm_ika14bQ:肥満と泌尿器科の関係は?
A:肥満から糖尿病になる。糖尿病から腎臓が悪くなる。膀胱炎を起こし易くなる。高血圧になる。動脈硬化を起こす。腎硬化症から腎臓の働きが悪くなる。
Q:ほかには?
A:高脂血症から動脈硬化、高血圧、そして腎機能低下。
Q:ダイエットをしたいのですが。
A:食事療法と運動療法の保健指導をしています。
質問4
Q:泌尿器科の特徴は?
A:診断から治療までを一貫して行うのが泌尿器科の特徴です。
質問5
Q:前立腺癌が増加しているようですが、血液検査でわかりますか?
A:本当のことは簡単にはわからないものです。説明には十分な時間が必要です。気になる方はまず受診して下さい。御説明します。
質問6
Q:突然おしっこがしたくなり、我慢できずにもらしてしまうことがあるのですが治りますか?
A:原因はいろいろあります。原因によっては完全に治ります。
質問7
Q:夜中に何回もおしっこに行くようになりました。年のせいでしょうか?
A:年のせいだと決めつける前にその原因を見つけることです。何か原因があるはずです。
質問8
Q:EDの検査は何をするのでしょう?
A:尿の検査です。あとは健康状態についてお聞きします。
Q:治療は保険が使えないと聞いていますが?
A:初診の場合はまず保険診療が原則です。バイアグラなどが必要な場合は、そこから自費診療になります。
質問9
Q:女性で下腹部が何かすっきりしないと訴える場合、何が考えられますか?
A:多くの方がストレスを抱えています。膀胱は心の鏡。ストレスが原因であると診断するためには、他に病気がないことを証明する検査が必要です。

 


川島泌尿器科
泌尿器科
札幌市北区屯田6条10丁目7-25 メディカル旭豊ビル3F TEL 011-775-1330
詳細ページへ